ホワイトボードアニメーションに適している用途・場面とは?

武本
WRITER
 
ホワイトボードアニメーション 用途 場面アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
武本

こんにちは。
株式会社グロースバリュ編集部です。

本記事では、「ホワイトボードアニメーションに適している用途・場面」を紹介します。

  • どのようなメリットに基づいて、ホワイトボードアニメーションは使われているのか
  • どういった場面でホワイトボードアニメーションは使われるのか

これらを心理学やマーケティング、海外の研究結果などの観点から解説します。

また、本文では、用途・場面ごとのホワイトボードアニメーション事例も紹介していきますので、ホワイトボードアニメーション動画を楽しみながらご覧ください。

 

ホワイトボードアニメーションとは

 

ホワイトボードアニメーションとは、視聴者の前で、「ホワイトボード上にリアルタイムで作られるアニメーション動画」です。ホワイトボードアニメーションはビジネスのあらゆる場面で用いられるようになってきています。

 

ホワイトボードアニメーションの強み

 

ホワイトボードアニメーションには以下のような特徴があります。

  1. 視聴者が動画に引き付けられる
  2. 通常よりも視聴者の記憶に15%多く残りやすい
  3. 伝える情報の均一化が出来る
  4. 効率的な情報伝達が可能
    これらは、ビジネスの沢山のシーンで好影響を及ぼします。この4点について、ホワイトボードアニメーションを用いて動画にまとめました。本当にこれらの要素があるのか、気にしながら見てみてください。

 

ホワイトボードアニメーションの特徴について、以下でさらに詳しく解説していきます。

 

特徴1. 視聴者が動画に引き付けられる

 

ホワイトボードアニメーションを用いた動画の特徴は、「視聴者が動画に引き付けられる」ということです。

これを裏付けるのが、弊社で行ったホワイトボードアニメーションについておこなったある調査の結果です。弊社は、ホワイトボードアニメーションの動画をwebページ上にアップし、25日間、ユーザの動向についての分析を行いました。

その結果、視聴者の77.3%が、ホワイトボードアニメーションを利用した動画を最後まで見てくれていることが明らかになりました。

 

ホワイトボードアニメーション離脱率

 

この結果から言えることは、ホワイトボードアニメーションを利用すると、「動画の離脱率を大幅に下げる動画=視聴者を引き付ける動画」を作ることが出来ます。

 

特徴2. 通常よりも視聴者の記憶に15%多く残りやすい

3Vの法則

出典:メラビアンの法則、3Vに違和感がある人は信用されない

ホワイトボードアニメーションを用いた動画の内容は、普通の動画よりも視聴者の記憶に15%増しで焼き付きます

したがって、ビジネスのあらゆる場面で、ホワイトボードアニメーションを利用することにより、その内容をより深く視聴者に印象付けることが出来ます。

これを証明する面白い実験をご紹介します。心理学者リチャード・ワイズマンは、1000人の被験者に、一般的な動画とホワイトボードアニメーション動画を見せて、その結果を比較する実験を行いました。この実験では、以下の2つの結果が明らかになりました。

  • 大多数の被験者が、ホワイトボードアニメーション動画を好んだ。
  • ホワイトボードアニメーション動画を見た人の方が、その内容を15%多く記憶できていた。
    このことからプレゼン・営業の資料動画などでホワイトボードアニメーションを利用すると、その内容をより深く視聴者に印象付けることが出来ると分かります。

 

 特徴3. 伝える情報の均一化が出来る

 

ホワイトボードアニメーションには、「伝える情報の均一化ができる」という特徴もあります。ホワイトボードアニメーションはシンプルな見た目です。シンプルに構成されたホワイトボードアニメーションから、見る人に伝わる情報は、限りなく同一に近くなります。

したがって、動画を見せる条件や環境を問わず、会社や商品のイメージを均一に伝えることが可能になるのです。

 

特徴4. 効率的な情報伝達が可能

 

多くの場合、ビジネスには期限があります。例えば交渉現場では、担当者は、限られた時間を効果的に利用しなければなりません。あらかじめ決まった情報伝達を行うだけでなく、相手の問題点・課題点に合わせてた情報の提供、更なる信頼関係の構築を行う必要があります。

その点で、ホワイトボードアニメーションの利用は大きな効果を及ぼします。

ホワイトボードアニメーションを用いることにより、「テキストなどの5000倍の情報」を伝えることが可能です。

ホワイトボードアニメーションが持つ情報伝達能力を裏付けるものとして、アメリカのアルバート・メラビアンが提唱した「3Vの法則」があります。

「3Vの法則」は、人の記憶に影響を及ぼす以下の3つの頭文字の”V”を取って名づけられました。

  • 言語情報=Verbal
  • 聴覚情報=Vocal
  • 視覚情報=Visual

また、それぞれの”V”が人間の記憶に及ぼす影響の割合は以下のようになっていると言われています。

  • Verbal(言語情報)・・・7%
  • Vocal(聴覚情報)・・・38%
  • Visual(視覚情報)・・・55%

その上、伝達される情報量はテキスト、写真だけの場合の5,000倍とも言われています。

このような事実から、ホワイトボードアニメーションの強みは、「情報伝達能力が非常に高いこと」であることが分かりますこの強みを活用できれば、情報伝達をスムーズに進められますね。

 

ホワイトボードアニメーションが利用される場面

 

ここまでをまとめると、ホワイトボードアニメーションには以下の4つの特徴があります。

  • 視聴者が動画に引き付けられる
  • 通常よりも視聴者の記憶に15%多く残りやすい
  • 伝える情報の均一化が出来る
  • 効率的な情報伝達が可能

そして、ホワイトボードアニメーションはこれらの特徴を生かして以下の用途で多く使用されています。

  1. 社内情報共有のツール
  2. プレゼン・営業の資料動画
  3. プロモーション・ブランディング
  4. 人材採用の動画
    続いては、このそれぞれの用途について詳しく解説していきます。

 

用途1. 社内情報共有のツール

 

企業が円滑にビジネスを進めていくためには、社内コミュニケーションを活性化させる必要があります。そこで今注目されているのが、「ホワイトボードアニメーションを用いた社内の情報共有」です。

Wharton Institute・Melcrum・Ciscoの研究により以下の内容が検証されています。

  • 人間は、聞いたものの10%しか記憶できないが、見たものは50%記憶出来る
  • 調査対象の54%のビジネスマンは動画を用いた情報共有を好んだ
  • アニメーション動画を90秒以内に抑えて制作すれば、見返すのが簡単で、記憶しやすく、社員の間でシェアされやすい

これは、社内コミュニケーションにホワイトボードアニメーションを利用することの利便性を示唆しています。

また、社内の情報共有をホワイトボードアニメーションで行うと、以下のホワイトボードアニメーションやアニメーション動画が持つ特徴を活かすことが可能です。

  • 動画の持つ情報量はテキストの5000倍
  • 通常よりも視聴者の記憶に15%多く残りやすい
  • 伝える情報の均一化が出来る
  • 効率的な情報伝達が可能
    ホワイトボードアニメーションを用いれば、記憶しやすく、テキストの5000倍の情報量を持ち、シンプルで内容がわかりやすい社内情報共有を始めることが出来ます。社内での情報共有における動画の優位性については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

参照:情報の社内共有で動画を使う5つの理由【効率化・標準化を図るべし】

 

用途2. プレゼン・営業の資料動画

 

最近では、プレゼンで動画を使用する機会が増えてきていますよね。加えて、タブレット端末を用いて、相手先で営業資料として動画をお客様に見せる場面にもよく遭遇します。これは、”動画”がプレゼンター・営業の方にとって、大変重要な役割を持っていることを意味しています。

さて、このプレゼンに使用する動画、お客様先での営業に使用する動画にホワイトボードアニメーションを利用する企業が増えてきていることをご存知でしょうか?

これらも、社内情報共有と同様に、ホワイトボードアニメーションの以下の4つメリットを生かしています。

  1. 動画の持つ情報量はテキストの5000倍
  2. 通常よりも視聴者の記憶に15%多く残りやすい
  3. 伝える情報の均一化が出来る
  4. 効率的な情報伝達が可能

弊社でも、ホワイトボードアニメーションを用いた、プレゼン動画・営業資料動画作成の依頼にお答えしています。弊社の作品をいくつかご紹介します。

プロモーション

テキストと画像を混ぜつつ、話している内容の中で重要なポイントを、わかりやすくホワイトボードアニメーションで提示しています。

 

ビジネスコミュニティ紹介

ホワイトボードアニメーションをイラストを組み合わせることで、視聴者に親しみやすさを与えることもできます。

 

ホワイトボードアニメーションがプレゼン・営業資料用動画に最適な理由については、以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

参考:プレゼン動画・営業資料用動画の制作にホワイトボードアニメーションが最適な理由

 

用途3.プロモーション動画

2019年現在、ホワイトボードアニメーションを用いたプロモーション動画を制作する企業が増加しています。

商品・サービスの広告にホワイトアニメーションを用いる利点は、CMそのものよりも、商品・サービスの内容に、視聴者の意識を集中させられることです。

サービスの内容が複雑で伝えにくいときや、商品の説明動画を作るときなど、ホワイトボードアニメーション動画を用いれば、余計なノイズを取り除いた、シンプルで分かりやすい動画を制作することが出来ます。

ここで、弊社が作成した、ホワイトボードアニメーションのプロモーション動画の一例を紹介します。

 店舗紹介

ホワイトボードアニメーションを要所で使用することによって、伝えたい内容を効果的に強調することが可能です。

 

弊社のクライアント様は、自社のサービスをお客様に的確に伝えるプロモーション動画を求めていらっしゃいました。弊社社は、ホワイトボードアニメーションを用いて、サービスの説明型プロモーション動画を制作しました。

 

用途4.人材採用の動画

 

新卒採用動画で動画を用いる効果として、以下の3つが挙げられます。

  • 文字だけでは伝えられない情報を届けられる
  • 学生に会社を信用してもらえる
  • より多くの学生の目に留まる
    アニメーションを用いることにより、文字だけでは伝わらない情報を視聴者に伝えることが出来ます。

アニメーションでは視覚と聴覚から情報を与えられる為、写真や文章だけのものと比べて、短時間でより多くの情報を与えることが可能です。また、文章のみでは伝わらない細かなニュアンスまで表現が可能であるため、より詳細に企業の情報をアピールすることが出来ます。

これにより、新卒採用に際して、以下の情報を伝えることが可能です。

  • 社内の雰囲気
  • ブランドイメージ
  • 企業の個性
  • 実際の社員の様子

また、ホワイトボードアニメーションのような動画を通して企業を紹介すると、その記憶は長期的に残りやすいという研究も発表されています。

世界的に有名な、記憶の定着しやすさを示す、「ラーニングピラミッド」によると、視覚と聴覚を通して情報を伝達する動画は、文字よりも2倍、記憶に残りやすいことが分かります。文字を用いた際の記憶定着率が10%なのに対し、動画を視聴した場合は20%になるそうです。

引用:最近よく見かける ” ラーニング・ピラミッド ” について | 中学校の社会科の授業づくり

 

新卒採用における動画の効果や事例については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

参考:新卒採用に動画を使う効果と事例を4つ紹介【格安依頼も可能】

 

ホワイトボードアニメーションをビジネスで利用しよう!

 

本記事では、「ホワイトボードアニメーションに適している用途・場面」を紹介しました。

私たち、株式会社グロースバリュは、ホワイトボードアニメーションの高い潜在効果に注目し、ホワイトボードアニメーションの制作を企業向けに行っています。

私たちグロースバリュのホワイトボードアニメーション制作に興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
武本

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です